あおぞら動物医院

漢方・中獣医学・宮城県岩沼市・0223-24-0672

院長のひとりごと小世界カテゴリー)」に「地方紙は意外とスゴイ」を掲載しました。

私個人の生活からテレビが存在感を失って久しい(電源を入れることがほとんどない)一方、新聞はかろうじて「まあ、一応眺めておくか・・・」くらいの地位を維持してきましたが、STAP細胞の小保方さんバッシングの狂気を見せ付けられたあたりから本格的にしらけ始まり、軽減税率適用という飴で政府、財務省に平然と魂を売る醜態を見るに及んで、さすがに漫然と購読を続けるのは反社会的だなと思うに至った次第。そもそも書いてあることもレベルが低くて突っ込みどころばかりというのにも嫌気がさした。そこへひょんなことから今さら読み始めた地方紙が大変面白いではないか!という超個人的な発見の喜びを書いてみました。

院長のひとりごと(中世界)コーナーに、「安保関連法案も成立間近ですが」を掲載しました。

国会前や各地の反対デモについて、今さらひっくり返せないこの期に及んでデモをして、一体何事をやり遂げた気になってはしゃいでいるのか?と、堂々と彼らを小馬鹿にして嘲笑する識者もいます。確かに今頃になって慌ててデモなんかしても、法案の成立は不可避です。しかし、だから彼らは愚かなだけだと嘲笑うのは賢明なのでしょうか?

院長のひとりごと(中世界)コーナーに、「戦後70年首相談話」を掲載しました。

賛否両論、様々な立場から批判がなされて然るべき内容ですが、好むと好まざるとによらず、安倍晋三首相のようなキワモノ・イロモノが出てきたこのタイミングで、今度こそ、議論を専門家任せにせず、国民一人ひとり、自分たちがこれからどう生きてゆくのかという基本的な問題として、当事者であることを自覚しなければならないと思います。さもなくば、後年、やはり結局日本人は70年経っても、安倍晋三のような狂言回しが立ち現れても、とうとう本気で生き方を決する議論を始めようとさえしなかったからこうなったのだ・・・的な歴史の批判にさらされる事になりそうで心配。最近にわかに評判が地に落ちつつある団塊ジュニアとしても、それはなんとしても避けなければならないなと・・・。

院長のひとりごと(中世界)コーナーに、「九電川内原発再稼動」を掲載しました。

私には受け入れ難いことですが、結局のところ、原発維持は国民の総意としておおむね支持されているようです。

国として、これ以上経済的に疲弊するような「無駄遣い」に耐えられる余裕を失っているにもかかわらず、地震による爆発事故の対策から目をそらし、安保法制を議論しながらテロの温床としての原発(世上言われているような、ミサイル攻撃などではなく、工作員を使った匿名性の高い方法で、文字通り、音もなく仕掛けられると想定すべきというのが軍事の世界の常識だそうです)に触れるわけでもないいい加減さ。

地震で確実に壊れるポンコツ原発をそのまま再稼動させた今度という今度は、どんな無様で悲惨な原発事故が起きても、立地自治体はじめ、被害者面できる国民はいないのだという覚悟が共有されているとは到底思えない点が、私には気がかりでもあり、不満でもあります。

院長のひとりごとコーナーに、「所沢市の『育休退園』問題ってさあ・・・」を掲載しました。

ストーカー殺人の被害者に「そんな男と関わった落ち度がある」とか、いじめ自殺者問題で加害者(児童生徒とその親)責任を一切すっ飛ばして「学校が悪い」とか、世間の相当数の人が首肯して巻き込まれているものの、よく考えたらその理屈におかしい点はありませんかね?的な論理の飛躍やすり替えが目に付く今日この頃。

標記の「育休取れたら、他の子も自分で世話しろよ」論をぶっているのが、同時期に待機児童を強いられている親だと聞けば、ちょっと待て、そりゃ論理のすり替えでしょう?と思うのですが。

しかも、たいていそういう論理のすり替えは、実は周到に計算のうえ用意された巧妙な屁理屈で、策を弄しているのは真の根本原因を作っているか、それに連座する立場にある人たちだったりするので、注意しないといけません。