あおぞら動物医院

漢方・中獣医学・宮城県岩沼市・0223-24-0672

3月 10th, 2016

高浜2基運転差し止め

中世界, by aozora.

大津地裁が関電高浜(原子力)発電所の3号機と4号機(いずれも加圧水型軽水炉)の運転を禁止する仮処分を決定しました。世界最高水準などという出鱈目な自賛で形容される原発新規制基準に適合した再稼動後の原発に対して「まず一旦止めろ」という決定は、原発をやりたい側やめさせたい側の双方にとって、相応のインパクトを持って受け止められたことでしょう。

関電高浜は、先月末再稼動後の4号機が緊急停止する故障を起こして冷温停止中。それだけでも、相変わらずお粗末な運転技術(死に物狂いの再稼動ですから、普通、発電機が壊れましたなんてことにはならないよう最善を尽くしたでしょう。にも拘らず壊れた時点で「器に非ず」と言わざるを得ません)のまま、性懲りもなくやるもんだなあと呆れておりましたが、今度の仮処分決定は営業運転中の原発を止めなさいなどという、以前では考えられないような判断だという点で、私も大変驚かされました。こんなまっとうな判決を下した山本義彦裁判長は、裁判官として恐らく未来永劫冷や飯を食わされることになりますから、誠にもって我欲を捨て去った誇り高い人なのでしょう。なかなか出来ることではありません。

以前から繰り返し指摘している通り、日本の原発は震度6以上の地震が来れば壊れても仕方ない程度の安全基準でプラントの運転が許可されていますので、福島第一でさえ津波の衝撃波で壊れたわけでもないというのに、防潮堤さえ作れば大丈夫なんだといった類の戯言(浸水を完全に防ぐ工事でもないし、そんなものの構築は現実性に乏しい)を積み重ね、事故が起きた場合の具体的避難計画やプラント自体の減圧機構(爆発させない最終手段に関する最後の砦に当たるフィルター付きベントは、加圧水型原発だととりあえず「無い」ままでも再稼動できる「奇怪なる」世界最高水準の規制。理由は、沸騰水型よりは加圧水型のほうが汚染蒸気が建屋外に出てゆくまでワンステップ余計にあるので!?という、あいかわらずの浪花節。浪花関西だから当たり前なんでしょうか?)は後回しにして、とりあえずポンコツ原発でも回していいですから~というのが、現下の再稼動原発の実態というもの。

今日は地震が来なかったなぁ~という偶然の結果だけに、原発の安全性が拠って立つ状況を国民は許容しているわけです。この期に及んで「世界一厳しい」新規制基準がそんなアホみたいなものだなんて知らなかった!などという愚かな国民も、よもやいないであろうと、せめて思いたいところでもありますので、やはりワタシ如きには理解できない深謀遠慮の末に「許容」しているのだと判断せざるを得ません。

市況商品の最たるものである原油も、枯渇するだの、無限に高騰するだのといった原発推進派のプロパガンダも虚しく、ただの30ドル割れまで見る暴落を示現。そもそも石炭なら事実上無限に採掘可能ですから、原油がどうなろうが関係ないのではありますが、とにかく割高でリスクばかりが突出する原発をやめられない理由に合理的なものなど一つもない以上、本当にいつまでこんな馬鹿げた前時代の遺物(出来損ない原発)が原理的に抱えるリスクを放ったらかしにするのか、暗澹たる気持ちで過ごしてきた私としましては、まだ弱々しいながらも「マトモで合理的な理屈が通る隙間」が生じ、原発という筋の悪いからくりにしがみつく連中の命運も磐石ではないことを垣間見る日が、思いのほか早く訪れたことに感慨もひとしおです。

まだまだ長い道のりではありましょうが、一日も早く原発にドブ銭をつぎ込むのをやめ、石炭火力を軸に最新鋭火力発電所の大幅な新規増設を進め、普通の国民が電気代を気にしながら生活しなければならないような情けない状況が消え去り、潤沢な電力消費を通じてマクロ経済と市民生活がクルマの両輪の如く質的に向上するような、素直で常識的な政策への変更が広く国民に支持される政治状況の到来を強く念願します。

Back Top

Responses to “高浜2基運転差し止め”

  1. Pingback:「高浜2基運転差し止め」を掲載 - あおぞら動物医院