あおぞら動物医院

漢方・鍼灸・ホリスティック・中医学・宮城県岩沼市・0223-24-0672
Archive for the ‘あおぞら診療日記’ Category

いつも穏やかでおっとりしたラフィ―くんは、一見すると何の苦労もない人生を送っているようにしか見えませんが、実は何度も山をこえ谷を渡って生き抜いてきた苦労人。 大きな試練だけでも、ガンの温熱治療に始まり、再発時には大きな手…

                ワンちゃんの種類(犬種)によっては、特定の疾患に(わずかですが)平均より高い罹患率を示す場合があります。 ハ…

  リリィちゃんは3歳ころから歯石の付着が目立ち始めました。かなり若い時点で歯石がたくさん付く原因の一つに、乳歯から永久歯への生え変わりが遅かった場合というのが知られています。リリィちゃんの場合にも多少関係して…

  ルルちゃんは御年17歳で巨大な乳がんの摘出手術を受けました。 手術に先立ち、自壊病変からの出血と癌性悪液質による重度貧血に対して漢方治療を開始。経口投薬や強制給餌といった未経験の試練を、オーナーさんとルルち…

エースくんは5年ほど前、膀胱内結石の摘出手術を受けました。結石の種類は従来頻用されてきた尿石対応食では解決出来ないタイプで、結石症の再発を阻止する特異的な対策は確立されていません。 エースくんは元々かなりシャイな気質の持…

まめおくんとカレンくんのお口はいつも素晴らしくキレイ。ニンゲンでも多少見習った方が良さそうな人もいるくらいの清潔さです。 しかし、言うまでもないことですが、イヌである彼らが誰の助けも借りずにくだんの口腔内環境を維持できる…

かつてリックくんは、再発を繰り返す皮膚病と胃腸障害に悩まされていました。 トラブル発生のたびに、定法に従った西洋医学的な治療を行うと一旦は治るのですが、すぐにまた似たような問題に見舞われる感じで、暑さ寒さなどの外部環境の…

ココちゃんは私が日々お会いするワンちゃんの中でも、十指に入る温厚さを誇ります。一口にワンちゃんの気質を「穏やかだ」と言っても、その詳細が千差万別であることは言うまでもありません。 ココちゃんの穏やかさは、身のこなしは俊敏…

カーベルくんは幼少時から本当に穏やかな気質の子。そしてそのまま大人になった印象ですが、治療歴を振り返ると実は波乱万丈。 若気の至りで小さなトウモロコシを丸呑みしてしまい、実に一か月も経ってから腸閉塞に至り、消化管を20セ…

ハナコちゃんが事故による外傷で担ぎ込まれてきたのは5年以上前の真冬の朝。肢端のケガが痛々しかったのとは別に、体中のいたるところに皮膚病変があり、特に顔において顕著でしたので、これも併せて治療することになりました。 肢端の…